スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年05月28日

マルゼン M870/M1100のガスホース短縮作戦(改)

前回
前々回

長過ぎるガスホースの改善策を講じて来たが
もっと汎用性の有る方法を思いついた。

材料
15mm×15mm×100mmのアルミ柱
東急ハンズで257円で購入


途中工程を端折って
完成品(所要時間約90分)


この傾斜がミソなんだなぁ
ここの穴は傾斜に直角に開けてある


こいつを
ストックパイプにイモネジで固定して


もう片側にガスプラグを引っかける


では
スケルトンストックでお見せしましょう!


ガスホースは半分以上カットが可能
これでナカヤストック問題も解決だ

どっかで量産してくんないかなぁ
  

2013年05月25日

マルゼン M870 金属外装カスタム2

16回目
必殺パテ

前回の続き


このレイル部分

溝が多すぎなんだよなぁ
タクティコーなイメージじゃないんだよ

あくまでもスコープマウントだからさぁ

こんなサラっとした感じで良いのよ

な も ん で
埋めちゃう

瞬着をたらしてアルミの削りカス振りかけ
ハンマーで軽く叩いて均す


硬化後に削ると鈍い金属光沢が出て触った感じも
金属そのもの(当たり前か)


この技法、オリジナルではない
昔々(1981年)のコンバットマガジンのカスタム記事

「ワルサーP5を作ろう」の中でライター兼製作者の
明石正氏がパテ代りにプラの削りカスを瞬着で固める
プラリペアの元祖みたいな技法を「必殺パテ」として
紹介している。

乾燥時間不要でヒケも出なく強度も出るので
理にかなった技法だなと当時は感心したもんだ
ふと思いだしてアルミでやってみたが
なかなかいい感じ
  

Posted by 曲者 at 00:44Comments(3)マルゼン M870 Shotgun

2013年05月23日

マルゼン M870 金属外装カスタム2

15回目

カンチレバー奮闘中
これの続き

加工方法の脳内シュミレーションが定まらず
後回しにし続け来たけど

と り あ え ず

切って


削って


切って


削って


う~ん、ちょっと見えて来たかも

  

Posted by 曲者 at 00:08Comments(0)マルゼン M870 Shotgun

2013年05月14日

HUNTER社 レザースリング

猟銃っぽいカスタムをしているとどうしても
欲しくなるのが

レザースリング

でも最近はナイロン系が主流で
なかなか売ってないんだよねぇ
得に民間用っぽいヤツ

ネットで探しまくってやっと見つけた!
(というより、たまたま引っ掛った。)

このクラシックなバスケット柄の意匠感がたまらない。
先がしゃもじみたいになってるコブラ型ってやつね
いかにも猟銃に付いてそうでしょ?

裏側はバックスキンが貼られてて
滑りにくくなってる


クイックアジャストといってこの部分を
スライドさせるだけで長さ調節が出来る


M70 Pre64なんかにも似合いそう
  

Posted by 曲者 at 04:31Comments(0)実銃用アクセサリー

2013年05月07日

モスバーグ治す!

前回の続き
マルシンから部品が届いた。
あれこれついでに頼んだが肝心の・・・

イ ン ナ ーバレル欠品!!

まぁ元々撃つ気は無いのでいいっちゃいいんだが
なんとなく気持ちが悪い。
BLKモデルなのにデトネーターが無い気分だ

代用品を探そうか
SSB(スーパーソニックバレル)一体どんな物なんだろう

取りあえず 分 解
あくまでも自己流なんで本来の順番と違うかも

ここのマガジン抜け止めネジ(1.5mmのイモネジ)を外す
マルゼン用に買った柄付きの六角レンチ大活躍だ


インナーマガジンを抜く
細い棒状のが抜け止めのシャフト


マルゼンでおなじみのバレル根元のネジ(2mmのイモネジ)
左右を外すとバレルが抜ける。

バレルの固定はこのネジ2本に頼るので
強度的に大丈夫?な感は有る。

実銃用レンチを使ってフォアエンドのキャップボルトを外す。

結構きつくはまってるので代用工具で
外すのはちょっと大変そう。

インナーチューブとアクションバーの連結部分
ここの穴に細い棒を差し込んでピンを押し出す

マガジンチューブとインナーチューブが外れる



レシーバー
ここのピンと


ここの-ネジを外すと


トリガーメカが外れる。

トリガーガードは樹脂製(実銃も同じ)

ダミーボルト
ガスタンク一体型チャンバー
キャリアー
が外れる。


壊れたアクションバーを引き抜き


新品に交換


一応
修 理 完 了


操作した感覚はまさにモデルガン
引き心地と作動音はかなりイイ
これでシェル式だったらもっともっと良かったのに・・・

最初、外装のリペアも考えてたけど
このまま置物になる予感  

2013年05月02日

実銃用 フォアエンドレンチ

タナカのM870を初めて買った時、工具が無いと
フォアエンドをばらせないと気付き近場の銃砲店に
買いに走ったにも関わらずタナカには合わなかったという
個人的には残念な品
それもあってアレを作った訳だがマルシン モスバーグには
ぴったり合う。
意外とリアルなのねマルシン

両刀仕立てで細い方がレミントン用


反対側の太い方がモスバーグ用


どっち側だか分からないけどブローニングやウインチェスター
にも使えるらしい。
  

Posted by 曲者 at 14:59Comments(0)実銃用アクセサリー

2013年05月02日

マルゼン M870 金属外装カスタム2

14回目

G&P GP311 地均し


#180の布ヤスリで地均し

剥いでみると素地の粗さにちょっと驚く
鋳造なんでしょうがないけどサイド面なんて
金ヤスリ使わないと面が出なかったもんね。

下地仕上げの手抜きを分厚い塗装で帳尻合わせてる感じ


これはバレルの根元
ガッサガサだょ ガッサガサ

この後、#240⇒#320⇒#400とかけてプラサフ


我が家の焼き付け乾燥機
取調室で良く見るヤツね
ちょっと目を離すと持てないくらい熱くなる


プラサフ乾燥後
3Mのスポンジヤスリで研磨
  

Posted by 曲者 at 00:25Comments(2)マルゼン M870 Shotgun