スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年06月30日

バトラーキャップ

押し入れでの長~い眠りから突如として目覚め
復活を遂げたスコープにバトラクリークの
キャップを買って上げました。




今までぞんざいな扱いしてゴメンネ
当時そうでもなかった同級生が今見ると
イイ感じなのと似てるな
  

Posted by 曲者 at 01:26Comments(0)実銃用アクセサリー

2013年06月28日

光学照準器 届く!

M870完成前にフライングオーダーしてたスコープが届いた
ノーブランドのショートスコープ
3~9倍のズーム&フロントフォーカス
チューブ径 1インチ
3色イルミ(届くまで知らなかった!)


実用性完無視で見た目重視
先端部分のメカメカしい感じが良いかなぁ?ってことで発注したけど


このスコープが意外としっくり来たんで
ちょっと気持ちが遠のいた・・・


まぁ単体で見ればかっこいいし
スペア電池やバトラーキャップ、マウントリングまで
付いて6000円だったから買い物的には良かったか

一応載せてみる。。。


う~ん
やっぱりゴツ過ぎるな
  

Posted by 曲者 at 16:47Comments(0)スコープ

2013年06月25日

マルゼン M870 金属外装カスタム2

最 終 回

~ 完 成 ~

これベースのカンチレバー銃身


Remington刻印のG&P GP311レシーバー


全体図
暫定で押し入れから発掘したスコープを載せてみた



実はピストルスコープなんだけど似合うじゃん
取り付け位置が前よりになるんでアイリリーフも大丈夫

ショートスコープ発注しちゃったけど
これで全然OKだな
ツヤ感も本体とマッチしてるし・・・

苦労して取り付けた実銃用フォアエンド


ガスホースショート化済のモンテカルロストック


カーテン越しの自然光で



前作の
タナカ M870 マルゼン M870


さぁて
次は何しよう  

Posted by 曲者 at 00:14Comments(4)マルゼン M870 Shotgun

2013年06月22日

マルゼン M870 金属外装カスタム2

19回目

塗った! 磨いた!

梅雨の合間の晴れ間を狙ってGスミスSの銃Ⅰで塗装

スポンジ研磨材マイクロファインで塗装面を均し
   
ピカール研摩
   
細目コンパウンド研摩
   
メディコムのキングブライトで仕上げ磨き

したのがこれ


カンチレバーは上下塗り分けで別部品風に

完成はすぐそこだ  

Posted by 曲者 at 01:08Comments(0)マルゼン M870 Shotgun

2013年06月21日

マルゼン M870 インナーバレル固定パーツ

G&PのアウターバレルをM870に組む場合
インナーバレルの固定に困ったことありません?


この部品があれば解決します



純正バレルに入ってます


接着されてないので棒で突っつくと
出て来ます


G&Pのに入れると若干手前側になるので
スプリングをカットして調整します
  

Posted by 曲者 at 18:14Comments(2)マルゼン M870 Shotgun

2013年06月18日

MGC 金属ガバメント GM1

久々にビンテージモデルガンなんかを上げてみる

現行タニオコバのGM7のご先祖様
MGC自社設計ガバメントの第一号

全てはここから始まった

MGC GM1

詳しいことは この辺を読んでいただいて


さらっとご紹介
これ達は、GM1の中でも3代目
末期型ともいうかも

ちなみに
初代
黒染め
COLT刻印有り(後に輸出都合上なのかCOLT刻印が無くなる)
ショートリコイル機構有り
ファイアリングブロック発火方式
カスタム仕様のターゲットモデル有り

二代目
黒染めから金メッキ過渡期
44オート用の9mmカートを流用し
BLKモデルが作られる。
ショートリコイルオミット
微妙にセンターを外したファイアリングピン方式
スライドセレーション部にピンが有る
BLKタイプはエキストラクター固定用の
ネジが露出しディスコネ用の切りぶきが有る

そして三代目
メッキは、所謂虹色メッキ

はっきり言って仕上げは奇麗じゃない
規制によりメッキを強要されたせいか
仕上げにやる気が感じられない・・・


BLK化の際に金型変更した為か
ショートリコイルしないバレル形状
ディスコネクト機能無し


発火は改造防止の為ファイアリングプレート方式
内側にロッキングが残っている


バリエーションのコマンダー
フレームサイズがガバと共通
当時はこれが当たり前


中箱は食品トレイの様で
カートリッジの収納スペースが無い


今見れば突っ込みどころ満載だが
このスリムなフォルムが好きという
オールドファンも多いんじゃないかな
  

2013年06月14日

木製ストックっていいよね

この前、対応機種不明と謳った
ライフル用木製ストックを落札した


オク画像で解ってたこと

①VSRのようなボックスマガジン用の穴が無い
②エジェクションポート部分の切りぶきが
 短いので多分ショートアクション用
③今どき珍しいチェッカリング仕様
④割と奇麗っぽい?
⑤リアルな形状のトリガーガードが付属

全体の形からレミントンM700用と
勝手に断定し入札開始
終盤競り合いとなるもなんとか
予算内で落札出来た


届いて見れば見立て通り
M700用に間違いようだ



先っちょは別の木になってて
良いアクセントになってる。
ホントはここ、黒が良いんだけどね


付いて来たトリガーガード
プラかと思う程超軽量な金属製(実銃用か?)
艶ありの塗装仕上げ


チャンバー下に溝が掘って有るんで
トイガン用みたいだがタナカのとは
形状が違う・・・

とすると・・・
あの事件で実銃にされてしまった
アサヒのカートリッジ式用か?


まぁそんなことは、どうでも良く


我が家で異彩を放つタクチコーの雄
タナカM700 Policeカートリッジ式の
アクションを何としても載っけたい!!


海外サイトから拾った画像

イメージとしては、こんな感じ
スナイパーよりハンターがイイんだよ

こうしたいと前々から思ってた

な ん だ け ど

実は木工が得意じゃない・・・
ノミは持ってるけどね・・・

自分の中で木工作業は、ここにお願いすると決めている

依頼フォームを送ったらすぐに
快諾のお返事が頂け荷作りして
早速発送 しばしお別れ

上りが楽しみ過ぎて眠れない
  

Posted by 曲者 at 19:59Comments(2)タナカ M700

2013年06月12日

マルゼン M870 金属外装カスタム2

18回目
下地塗装

やっとここまで来た
キャロムのブラックスチールで下地塗装

塗膜が強いんで下地として重宝してる

それぞれ取っ手を付けて缶を傾けずに
吹くのがコツ

「完全乾燥48時間」のお約束を経て
3Mのスポンジ研磨剤 マイクロファインで擦り擦り
地肌が出ないように手加減するのが結構難しい


この後、GスミスS 銃Ⅰで塗る予定だが
今週は天気が悪そうだ
台風も来ちゃうの?
  

Posted by 曲者 at 00:09Comments(0)マルゼン M870 Shotgun

2013年06月06日

マルゼン M870 金属外装カスタム2

17回目
カンチレバーが載った
前回の続き



画像を睨みつつ毎晩ヤスった甲斐が有り
何とか載っけるまでこぎつけた
原型を留めていないがベースの選択は
間違っていなかったようだ
(6割位捨てたけどね)

目見当でRを付けた割には
フィッティングがgoodでビックリ



実銃はバレルに溶接された土台にネジどめされているが
一体で作ったのでバレルにM3のタップを立て直付け
最終的には強度も踏まえエポキシ併用かな
上下の分割線は筋堀で再現

溝を埋め立てたんで、
だいぶタクチコーじゃ無くなった
と思う


全 体 図


この後プラサフ⇒仕上げ塗装
下塗り:ブラックスチール 上塗り:銃1
を予定(随分前に仕入済)

週末は晴れるのか?!
  

Posted by 曲者 at 00:35Comments(0)マルゼン M870 Shotgun